1

洋服をハンガーに掛ける時、種類によって気を付けたい注意点があります。 タートルネックのシャツやTシャツなど襟周りが伸びやすいものは、ハンガーの入れ方に気を付けます。首元からハンガーを入れると、襟周りが伸びてしまいます。洋服の下から入れるようにしましょう。 ボタンの付いたブラウスやファスナーが付いた洋服は、ハンガーに掛けた後、ボタンをきちんと止めたり、ファスナーを上まであげておくようにします。こうすることで、型崩れが防げます。フリルが付いている場合は、フリルの形も整えておきます。 ジャケット類の厚手のものを掛ける時は、ハンガーの種類を変えた方がいいです。針金ハンガーよりも、しっかりとした物を使った方が型崩れを防げます。針金だと、重さに耐え切れず曲がってしまう事があります。 スカートやパンツ類を掛ける時は、専用の物を使いましょう。洗濯バサミで代用する事も出来ますが、跡が付いてしまったり、落下しやすかったりもします。専用の物は、挟む部分が跡が付きにくく、しっかり留める事が出来ます。

洋服をハンガーに掛ける時の注意点